高い声を独学で手に入れるための3ステップ【誰も教えてくれない】

高い声で歌えるのはかっこいい!

自分も出せるようになりたい。

でもお金が掛かるし、習い事は苦手だから

ボイトレには通いたくない。

高い声を独学で手に入れる方法を教えて。

と、お困りの方へ「独学で高い声を手に入れるために必要な3つのステップ」を解説します。

この記事を読めば、ボイトレに通うことなく「独学」で高い声が手に入れられます。

なぜならカラオケ歴13年の私は、独学の期間と先生に教わっていた期間の両方を経験しているので、ボイトレに通うことは必須ではないと知っているからです。

あなたの独学に役立つことを保証しますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

高い声を独学で手に入れるための3ステップ

高い声を独学で手に入れるための3ステップ

独学で高い声を手に入れるために必要な3つのステップがこちら。

  1. ボイトレの教則本を買う
  2. 高い声を出せる人を探す
  3. 人前で歌う

独学といってもYouTubeのボイトレ動画を見るなど、ひたすら一人で練習するわけではありません。

というのも、一人で練習していくには自分で自分をコーチングする必要があるからです。コーチングとは現状を正しく把握し、何を目指しどのように実現していくか支えていくことです。

それを一人でやります。

実際の所、ボイトレに通うというのは、ボイストレーナ―にこのコーチングをしてもらうことなのです。(もちろんボイストレーニングの指導もあります。)

では、1つずつ詳しく見ていきましょう。

高い声を独学で手に入れるためのステップ1:ボイトレの教則本を買う

高い声を独学で手に入れるためのステップ1:ボイトレの教則本を買う

ステップの一つ目は「ボイトレの教則本を買う」です。

ただし、買って満足してはいけません。どんなに素晴らしい教則本でも、練習しなければ意味がありません。

ボイトレの教則本を徹底活用するための、具体的なポイントをお話しします。

読むだけはダメ

ボイトレの教則本は読んでいるだけでも楽しいです。

  • 音楽用語の解説
  • 声帯など人体の解説
  • 歌唱テクニックの解説

読んだだけで歌が上手くなった気がしてしまいます。

それはそれで有意義な時間ですが、高い声を手に入れるという目的があるのですから、実際に声を出して練習しましょう。

オススメなのは練習用のCDが付いている本です。

解説だけの本ですと知識だけが先行してしまう恐れがあるので、独学者は避けるべきです。

私が高い声を手に入れるために読んでいた本については、以下の記事で解説しています。

録音とセットで

ボイトレの教則本の付録CDで練習するときは、録音とセットで行いましょう。

これは自分では「できている!」と錯覚することがあるからです。

人間は自分が出している声を自分で聞くと、骨伝導で耳の内部へ伝わる音があるため、正しく認識できません。録音をすれば、人が聞いている声と同じものが確認できます。

録音した声を聞くときは

  • CDと同じ音を出せているか
  • 力みすぎていないか
  • 変な声になっていないか

の観点でチェックしましょう。

継続して練習

理想は毎日練習することですが、そうはいかないですよね。

私も毎日時間が取れないことに加えて、家の中では思いっきり声を出せないため、理想通りにはできないことを理解しています。

そんなあなたにおすすめなのは、一人カラオケで歌う前に練習することです。

歌う時間が減ってもったいないと思うかもしれませんが、独学者はこれが一番現実的です。またメリットもあります。

  • 思いっきり声が出せる
  • ウォーミングアップになる
  • 練習が習慣化される

付録CDの練習を全部やる必要はありません。長いものだと全部で40分くらい必要なものもありますから。

たいていのボイトレの教則本の付録CDは、ウォーミングアップ、基礎編、応用編とCDトラックが分かれています。

そのため独学で高い声を手に入れたい方は、ウォーミングアップと応用編をやるなど工夫すれば良いのです。

高い声を独学で手に入れるためのステップ2:高い声を出せる人を探す

高い声を独学で手に入れるためのステップ2:高い声を出せる人を探す

ステップの二つ目は「高い声を出せる人を探す」です。

先にご紹介したボイトレの教則本を使って独学していくと、それなりに高い声が出せるようになってきます。それと加えて自信もついていきます。

たいていの人はここで満足してしまいます。ただ、この段階では不安定な高い声だったり、コンディションによって出なかったりします。

もっと完成度を高めたいのであれば、高い声を出せる人を探しに行くべきです。

高い声を出せる人を探す理由

高い声を出せるようになったと思っても、それはあなたの閉じた世界での話です。

独学で高い声を手に入れるためには、ボイトレの教則本に加えて「生の体験」をインプットする必要があります。

望ましいのはプロではなく一般の方の歌です。

あの人は「プロだから歌が上手くて当たり前」と逃げの考えが通用しなくなるからです。

おすすめはカラオケバー

おすすめはカラオケバーに行くことです。

昨今の情勢により、夜の街へ繰り出すのは注意が必要ですが、カラオケバーにはプロではないのに歌が上手いという人が大勢います。必ずあなたの成長の糧になります。

そして、バーなので歌わずに聞くだけもOKなので安心。

カラオケバーで歌っている人の曲を聞くと、自分が出している高音と違う・・・など良い意味でのショックを受けます。

  • なんであんなに楽に出せるの?
  • 透き通るような裏声だなぁ
  • パワフルな高音、自分も出してみたい

といった感じに、自分の課題に気付けるのです。

独学の仲間ができる

「カラオケバーに行く」など行動を起こすと、独学の仲間ができます。

というのも、すごくきれいに高い声が出る人にお話しを伺ってみると、ボイトレに行ったことはないという方が実は多いのです。

話し好きの方であれば

  • 今までどんな練習をしてきたか
  • 普段気を付けていること
  • 歌唱テクニック

など生のアドバイスをしてくれる時があります。

ボイトレの教則本とは反対のことを言っていたり、効果がないと思っていたエクササイズが重要だと分かったり、インプットの質が高まります。

高い声を独学で手に入れるためのステップ3:人前で歌う

高い声を独学で手に入れるためのステップ3:人前で歌う

ステップの三つめは「人前で歌う」です。

人から見られているという緊張感が、成長を加速させます。というのも、一人カラオケだと高い声が出るという人も、見られている場所で歌うと出ないということがあるからです。

それはウォーミングアップが十分でないから、緊張から力んでしまうからなど理由は様々です。

でもそういった上手くいかなかった経験が、成長に繋がります。

カラオケバー

人前で歌うために、友達とカラオケに行くというのもいいですが、先程ご紹介したカラオケバーで歌うというのがオススメです。

見ず知らずの人の前で歌うとものすごく緊張します。私は今でも初めてのお店では緊張で足が震えることがあります。

でもそんな極度の緊張状態でも、練習通りに高い声が出せたら、それは独学で高い声を手に入れたと断言できます。

アニソンカラオケバー

カラオケバーは入りづらいという方には、アニソンカラオケバーがおすすめです。

歌っていい曲がアニメソングに限定されますが、アニメ好きが集まる空間なので、カラオケバーより入りやすい印象です。

ただ、アニソンカラオケバーには注意点があります。

  • アニソンカラオケバーといいながら実際はガールズバー
  • キャストの女の子目当てで客が集まっている
  • 歌う人がほとんどいない

カラオケは置いてあるけれど、ほとんど歌う人がいないというアニソンカラオケバーがあるので、見極めが必要です。

インターネット検索で見極めるポイントとしては、歌える空間であることをアピールしているかです。

キャストの女性がいついつ出勤しましたと更新しているお店は、「歌う」目的を達成できない可能性が大です。

弾き語りバー

最後におすすめするのは弾き語りバーで歌うことです。

私も実際に弾き語りバーへ行くまで知らなかったのですが、楽器を弾けなくても歌えます。バーのマスターや他のお客さんが伴奏を弾いてくれるからです。

伴奏をお願いすることになるので、礼儀とコミュニケーションが必要になりますが、私はそういった感じで何度も歌わせてもらった経験があります。

生演奏はカラオケと違うので、最初の内は歌いづらいです。でも、ごまかしのない自分の声が響きますので、成長できますよ。

あと、大切なこととして、伴奏を弾いてくださった方には必ずお礼を言いましょう。

まとめ

まとめ

本日は「高い声を独学で手に入れるための3ステップ」というテーマでお送りしてきました。いかがでしたでしょうか。

ご紹介した3ステップは、

  1. ボイトレの教則本を買う
  2. 高い声を出せる人を探す
  3. 人前で歌う

です。

これから独学で高い声を手に入れたいと思っている方、既に独学で練習されている方も、本日の内容を参考にしていただければ幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる