初めての一人カラオケ完全マニュアル【これで恥ずかしくない】
カラオケで原曲キーにこだわることの良いとこ悪いとこ
ミックスボイスとは;
習い事でボイトレってどうなの?

初めての一人カラオケ完全マニュアル【これで困らない】

2020/09/15

ヒトカラ

t f B! P L
初めての一人カラオケ完全マニュアル【これで恥ずかしくない】

一人でカラオケに行ってみたいけど恥ずかしい。
受付で待ってる間に知ってる人に会ったらどうしよう。
歌ってるところ覗かれたりしないか心配だなぁ。

と、不安な方へ向けて情報をシェアしていきます。
この記事を読めば、安心して初めての一人カラオケに行けます。

なぜならば、カラオケ歴13年の私も初めての一人カラオケはとても不安で、恥ずかしい思いを何度もしたからです。でも、安心してください。そのほとんどは準備しておけば防げるものです。今日はその内容をマニュアルの形でお送りしたいと思います。

もう行こうと思っているカラオケ店が決まっているなど、お急ぎの方は、気になる所だけチェックしてくださいね。

初めての一人カラオケ完全マニュアル

初めての一人カラオケ完全マニュアル

興味があっても一人でカラオケに行くこと自体に恥ずかしさを感じてしまい、初めて行くまでのハードルが高いことはよく分かります。私もそうでした。そんなあなたのために、次のステップに分けて一人カラオケ完全マニュアルをお送りします。
  • ステップ1 準備
  • ステップ2 当日の流れ「受付まで」
  • ステップ3 当日の流れ「さぁ、歌おう!」
  • ステップ4 当日の流れ「お家に帰るまで」

【初めての一人カラオケ】ステップ1:準備

ステップ1 準備

調べておくこと

家の近くにカラオケ店はある?


ご自宅から無理なくいける範囲のカラオケ店を調べておきましょう。このご時世、長距離の移動は避けたいですよね。Googleで検索するときのポイントは「カラオケ ○○駅」と調べることです。

カラオケ店は駅の近くで営業していることが多いので、効率よく検索することができます。また、普段使っている駅の近くであれば混雑を回避するための行動がとれて安心ですよね。

一人カラオケ専門店 vs 普通のカラオケ屋さん


一人カラオケの専門店があることをご存知ですか?カラオケ屋さんを調べる際の参考になるように、普通のカラオケ屋さんと比べた時の、メリットとデメリットをご紹介します。

メリット
  • お客さんはみんな「一人」で来るので恥ずかしい気持ちがやわらぐ
  • 歌うことに特化した充実設備が用意されている(マイク・ヘッドホンなど)
  • ドリンクバーが利用料金に含まれている
デメリット
  • 店舗数が少ない
  • 普通のカラオケ屋さんに比べて割高感がある
  • ヘッドホンの持ち込み or レンタルが必須なお店がある
一番のメリットは「恥ずかしい気持ちがやわらぐ」です。自分以外がみんなグループで来ていたら恥ずかしいと思うかもしれませんが、「私も含めてみんな一人だ!」と思えが少し気が楽になると思います。

一番のデメリットは「店舗数が少ない」ことです。2020年9月15日に調査した結果、主要な一人カラオケ専門店があるのは次の都府県のみです。
  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 大阪
ご自宅の近くに一人カラオケ専門店があるか調べてみたいと思いますので、主要な一人カラオケ専門店の公式サイトへのリンクを、以下にご用意していますのでご活用ください。

ワンカラ

ひとりカラオケ(ヒトカラ)専門店カラワン 大阪梅田カラオケ

以下の店舗は通常のカラオケと一人カラオケ用の部屋が併設されているお店です。
※一人カラオケ以外のお客さんもいるので注意
※カラオケ館はひとりカラオケルームが設置されていない店舗があるので注意

カラオケ ADORES 秋葉原店

カラオケ LOHAS 柏駅東口店

カラオケ館 ひとりカラオケルーム紹介

営業時間


自粛営業により営業時間が変更になっている可能性がありますので、営業をしているかを含めて、必ず調べておきましょう。確認する箇所は、あれば公式サイトの「お知らせ欄」です。

カラオケ店によっては公式サイトが更新されていない場合もあります。そういった場合は少し手間がかかりますが、行こうと思っている店舗に直接電話をして営業しているか確認するのが確実です。

利用料金


一人カラオケの別料金はある?
利用料金も調べておきましょう。カラオケ店によっては一人カラオケ時に別料金が加算される場合があります。同じカラオケのチェーン店でも店舗によって料金が違うことは普通なので、事前に調べておくと安心です。

ワンドリンク or ドリンクバー
ワンドリンク制とドリンクバー制の2種類の料金設定をしているお店があります。おかわりしなければワンドリンクの方が安いことがほとんどなので、自分がどのくらい飲み物が必要があらかじめ考えておきましょう。

そういったお店では、カラオケの受付でどちらの料金プランにするか必ず聞かれますので、事前に決めておけば迷うことなく安心です。持ち込み物の飲食が可能なカラオケ店もありますので、要チェックです。

一人カラオケにおすすめのお店を紹介しているので、以下の記事も参考にしてみてください。

一人カラオケにおすすめのお店を5店ご紹介【いい所・料金目安】

一人カラオケ行ってみたいんだけど、一人カラオケの専門店って近くにないんだよね。普通のカラオケ屋さんで一人カラオケできるところないかなぁ。おすすめカラオケ店を教えてください。



女性専用スペースはある?


女性の方で心配なことの1つは、知らない人が自分の部屋に乱入してくるんじゃないかということだと思います。私は男ですが、過去に一人カラオケ中に知らないグループが乱入してきたとき、非常に怖い思いをしました。

女性のセキュリティー面に配慮して、「女性専用エリア」を設けているカラオケ店があります。例えば、上記に紹介した「ワンカラ」には女性エリアが設けられており、エリアの入り口にオートロックの扉があるため、男性は入れないようになっています。

語弊を恐れずに言いますが、頭のおかしい人間は一定数います。自分を守るために、安全面も事前に調べておきましょう。

お店の「詳細な場所」


最後に盲点となるお店の場所を詳細に調べておきましょう。意外とあるのが、ビルのテナントの中に入っており、外からだとどこにあるのか分かりづらい場合です。

チェックするポイントは、そのお店の「住所」と「階」です。この2点だけ調べておけば、経験上何とかなります。たいていはビルの入り口に看板があるのでわかるのですが、事前にGoogleストリートビューで確認しておくと安心です。

決めておくこと

どのカラオケ店に行くか


本命のお店
行きたい本命のカラオケ店を決めておきましょう。事前に調べておいたお店の情報から「料金」「インテリア」「セキュリティ」など、自分が一番大切だと思うことを基準に選ぶと決めやすいと思います。

よく友達と行っていたカラオケ店があれば、公式サイトを確認して一人カラオケOKかを確認しておくと安心です。

満席時に備えて予備のお店も
本命のお店が満席だった時に備えて、言い方が失礼ですが「予備のお店」も決めておくとベターです。過去にワンカラ某店舗に行ったとき、満席で待ち時間も長かったため、その場で他のカラオケ屋さんを調べたことがあります。

アクシデントに備えて別プランを決めておくと安心です。

何時間歌うか


初めては1~2時間がおすすめ
初めての一人カラオケは1~2時間がオススメです。なぜなら初めての一人カラオケでで、体と心を疲れさせないためです。まずは「お試し」くらいの感覚で行くのが良いでしょう。

慣れたらフリータイムで歌っちゃうかも?
一人カラオケに慣れてくるとフリータイムで歌う人もいます。一人カラオケのフリータイムは人数枠が決まっていることが多いですが、不可能ではありません。私も一人カラオケでフリータイムを利用したことが何度もあります。

ワンドリンク or ドリンクバーどっちにする?


受付でやり取りをする時間を最小限にするため、ワンドリンクにするか、ドリンクバーにするか事前に決めておきましょう。なぜなら、私が初めて一人カラオケに行ったときに一番恥ずかしかったのは受付でのやりとりでした。

公式サイトに掲載されていない店舗独自の割引キャンペーンをしている、ということもあるので、当日の気分で決めるというのもアリです。

必要な持ち物

必要な物は以下の通りです。
-スマートフォン
-身分証明書
-現金

スマートフォン


会員登録でアプリのダウンロードを求められる場合があります。忘れずにスマホを持っていきましょう。

身分証明書


こちらも会員登録で必要になります。学生証、健康保険証、運転免許証など、身分を証明できるものを持っていきましょう。

会員登録しなくても利用できるカラオケ店もありますが、別料金となり高くなるので会員登録することをおススメします。

現金


クレジットカードやスマート決済できるお店が増えていますが、ごくまれに機械が故障して現金オンリーですと言われることがあります。また、会員登録に数百円必要な場合もあります。

そういった時に現金を持っていないと相当焦りますので、現金も持ち歩くことを強く推奨します。

ステップ1のまとめ

ステップ1では一人カラオケに行く前の「準備」についてお伝えしました。準備をしておくと当日の不安がやわらぎますので、抜けはないか確認してみてください。
  • 行くカラオケ店を決める
  • 予備のカラオケ店も決めておくといい
  • あらかじめ料金プランを決めておくと受付がスムーズ
  • 会員登録には身分証明書が必要
  • 万が一に備えて現金を持っていく

【初めての一人カラオケ】ステップ2:受付まで

ステップ2 当日の流れ「受付まで」

予約をしておこう

最近では一人カラオケでも予約ができるカラオケ店が増えています。WEBシステムからの予約は2名~となっていても、お店に電話をすることで予約が取れるケースが見られます。

すでに会員登録を済ませているなら予約のハードルは低くなると思いますので、夜などお店が混んでいそうな時間を避けて連絡してみましょう。

ただ、予約は必須ではないので、電話することが苦手な方はしなくてOKです。

移動

なんだか遠足のしおりのようになっていますが、予約をしているときは、時間に余裕をもって出かけましょう。もし予約をしていなくても、会員登録などに10分程度時間が必要ですので、その分の時間を計算に入れておくと良いです。

移動中に音楽を聴ける環境であれば、カラオケ屋さんに付くまでに歌う曲を予習しておくこともおすすめです。よりテンションが高まりますよ。

入店前

先に触れたように、カラオケ専門店などはビルのワンフロアにあることが多いです。そのため、間違った階に行かないように気をつけましょう。

場所は合っているはずだけどに、入り口に看板がなくて分からなくなってしまった時には、カラオケ店に電話で聞いてみるのも手です。お恥ずかしい話ですが、以前、地図を読み間違えて駅の反対側に行ってしまって迷った時に、店員さんから電話でお店の場所を教えてもらったことがあります。

受付

一人カラオケ専門店の場合と、普通のカラオケ店で受け付けのやり取りが少し変わってくるので、イメージできるようにそれぞれ例を紹介します。

一人カラオケ専門店の場合


受付に到着したら「何時間をご利用されますか?」から始まります。一人カラオケ専門店のため「何名様ですか?」という質問はありません。

あと「ご利用は初めてですか?」と聞かれるので、「初めてです」とだけ伝えればOKです。会員登録の方法について教えてもらえます。

普通のカラオケ店の場合


経験上、普通のカラオケ店の第一声は「何名様でご利用ですか?」です。特に気にすることなく「一人です」と伝えればOKです。

ごく稀に、混雑時など一人カラオケ用の枠がない場合に「あいにくですが~」とお断りのセリフが返ってくることがありますが、別にあなたは何も悪いことはしてませんので、気にせず他のお店に行きましょう。

会員登録

会員登録が必須のカラオケ店があります。最近はタッチパネル式で簡単にできるタイプが多いので迷うことは少ないでしょう。「準備」のところで書いた通り、身分証明書が必要な場合もあるので、そこだけ注意です。

あとアプリをダウンロードしてメールアドレスを登録するだけでOKの場合もあります。そういう場合は「お帰りになるまでに登録しておいてくださいね」と言われますので、部屋の中に入ってからサクッと登録しちゃいましょう。

待っている間

満席または一人カラオケ枠がいっぱいで、待たなければいけない時があります。他の候補店があればそっちに行ってみるのもありですし、告げられた時間くらいなら待てる、ということであれば待ちましょう。

私はYouTubeの動画を見たり、ネットサーフィンして待っています。

ただ「5時間待ちです」など長い待ち時間を提示された場合には、遠回しに「今は一人カラオケお断り」と伝えている場合もあります。

そういう時は気持ちを切り替えて他のお店に行きましょう。ちなみにこれは本当に言われたことがあります・・・。

ステップ2のまとめ

ステップ2では受付までを説明しました。定員さんとのやり取りはあくまで例ですが、どんなことを言われるか少しでも分かると安心できるかと思います。
  • 予約ができればした方がベター
  • 場所が分からなくなったらお店に電話で聞いてみる
  • 受付のやり取りは大したことない
  • 長い待ち時間を言われた気持ちを切り替えて他の店へ行く

【初めての一人カラオケ】ステップ3:さぁ、歌おう!

ステップ3 当日の流れ「さぁ、歌おう!」

部屋へ移動

さぁ、ここまでやってきました。受付とは違う階に案内されたときは、フロアを間違えないようにしましょう。同じ階でも分からなければ店内地図があるはずなので確認するとよいです。

もし明らかに部屋番号はあっているのに、違う人が入っていた場合には受付に戻り、その旨を店員さんに伝えましょう。たまに部屋を間違える人がいます。

部屋に入った直後にすること

もしワンドリンク制を選んでいた場合には、慣れるまでは部屋に入った直後に注文しちゃいましょう。そして飲み物がくるまでは歌うのをガマンすることをオススメします。

なぜならば、歌っている途中に「失礼しま~す」と店員さんが入ってくると「気まずい」からです。メッセージ性の強い曲を歌っていると本当に何とも言えない空気になります。

好きな曲を選ぼう

さぁ、待ちに待った時間がやってきました。好きな曲を選んで歌ってください。・・・とはいえ、何を歌おうと思ってたか忘れてしまった方もいるかもしれないので、歌う曲に困ったときの選曲方法を提案します。

履歴から選んでみる


カラオケのデンモク(カラオケのリモコン)を使って「歌の履歴」を見ることができます。履歴にはその部屋で歌った人の選曲が残っています。全然興味のない曲ばかりかもしれませんが、たまに「同士かな?」と思える履歴に出会うことがあります。

履歴を見ているだけで、「あっこの曲歌えるかも!」と思いつくことがあるのでオススメです。

カラオケランキングから選んでみる


カラオケのデンモク(カラオケのリモコン)を使って「ランキング」を見ることができます。多くの人に選曲された歌はランキング入りします。JPOP、演歌、洋楽、アニソンとジャンル分けされているので見やすいです。

最近流行っている曲の他、昔から歌われている王道ソングもランク入りしていますので、歌える曲を思い出せるかもしれません。

歌っている途中

外からの視線が気になったら


入り口を背にして歌ってみる
部屋の外の人の視線が気にある時は、部屋の入り口を背にして歌ってみましょう。目さえ合わなければ気にならないものです。

部屋の照明を暗くしてみる
それでも気になる時は部屋の照明を暗くしてみましょう。ライトのON/OFFだけでなく、光量を調整できるカラオケ店も多くあります

知らない人に乱入されたら


緊急事態です!

何かあってからでは遅いので、すぐに店員へ助けを求めましょう。カラオケルームから連絡する余裕がなければ、部屋を飛び出して受付まで逃げましょう。

席を外す時

必ず貴重品は持ち歩いてください。ごく一部のカラオケ店は部屋に鍵をかけることができますが、通常はできません。ほんの30秒でも置き引きに遭ってしまうリスクは否定できません。

ステップ3のまとめ

ステップ3では受付終了後、曲を歌うところまで説明しました。もう、あなたを止める人はいませんので、大いに好きな曲を歌いましょう。
  • 案内された部屋を間違えないように注意
  • 歌う曲が思い浮かばないときは「履歴」と「ランキング」を見る
  • 席を外す時は必ず貴重品を携帯する
  • 乱入されるなどしたときはすぐに店員へ助けを求める

【初めての一人カラオケ】ステップ4:お家に帰るまで

ステップ4 当日の流れ「お家に帰るまで」

終了まであと10分

終了まであと10分の連絡が来たら帰る準備を始めましょう。渾身の〆の一曲を選んでください。歌い足りなければ延長もOKですし、また今度に楽しみを取っておくのもいいかもしれません。

なお、終了10分前の連絡がないカラオケ屋さんもあるので注意です。連絡がないお店でも満席時には退室を促す電話があることがほとんどです。

部屋を出るとき

忘れ物がないかを確認してください。私がよくやらかすのはスマホを部屋に忘れることです。何度か取りに戻ったことがあります。慎重すぎるくらいがちょうどいいので、机の上だけでなく、下に何か落としていないかも確認しましょう。

あとこれは個人的にやっていることですが、一人で使わせてもらった感謝を込めて、使ったことが分かるようにしつつ備品をきれいに並べてから退室しています。

お会計

受付時に渡されたバインダーまたはそれに準ずる物を、受付の店員さんに渡すだけです。無人の精算機が設置されているところもあります。

たまに選んだ料金プランと違う請求をされ困惑することがあります。私が実際に体験をしたのは店員さんの操作ミスでクレジットカードの請求額が誤っていたことです。暗証番号を打つ前にちゃんと確認していない私が悪いのですが・・・。

料金について何か疑問があればその場でお店の方に確認しましょう。

帰りの途中

これは私のルーチンですが、帰りは録音した自分の歌声を聴くようにしています。初めての一人カラオケで自分の歌声を録音するのはハードル高いと思いますが、一人カラオケに慣れてきたらぜひ試してみてください。

初めての一人カラオケで疲れていると思いますので、ゆっくり休んでくださいね。

ステップ4のまとめ

ステップ4では退室からお家に帰るまでを説明しました。忘れ物をすると気づいてから相当焦りますので、退室する前によく確認してくださいね。
  • 終了10分前から退室の準備を始める
  • 忘れ物がないように注意
  • 料金に疑問があったらその場で確認

まとめ

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事では初めて一人カラオケに行く方に向けて、マニュアル形式で説明しました。心配性の私が過去に気になったことを思いつく限り書き記しました。

近年では一人カラオケが一般的になったとは言え、恥ずかしくて無理と思う方もいることでしょう。「こんな感じなんだ~」と分かるだけで、不安な気持ちが和らぐかもしれません。

少しでもこの記事が一人カラオケデビューの力になれれば幸いです。
それでは~